健康管理 Healthcare

トップページ > 健康管理 > 爪切り 〜わんちゃん〜

爪切り 〜わんちゃん〜

わんちゃんの爪は人と同じように定期的に切らなければ伸びていってしまいます。ただ、お散歩に行く子の場合は、地面との摩擦で自然に爪が削れて伸びすぎを防いていることもあります。
長く伸びた爪は皮膚や眼を傷つけてしまったり、ケージに引っかけて怪我をする場合もあります。定期的に「爪切り」をしましょう。(月に1回位)

切り方

イメージ

少しずつ角を取るように切っていきます。

注意

深爪をすると出血をして、わんちゃんに痛い思いをさせてしまいます。

白い爪の場合

ピンク色の血管が透けて見えるので、切るのは血管の手前にします。

イメージ

黒い爪の場合

血管が見えないので、少しずつ切っていきましょう。

イメージ

狼爪(ろうそう)

地面に着かない爪なので他の爪よりも伸びすぎてしまうことがあるので注意しましょう。

イメージ

おうちで「爪切り」ができない場合は当院におまかせください。(診察なしでも「爪切り」を行います)